肌のコンディションが良くない

素肌に年齢を感じるのって何歳ぐらいだと思いますか。私は40歳より少し前だと思います。

色や髪型を変えなきゃいけないような気がしたり、皆さん何となくわかっているはずです。

体の衰えに伴い肌がくすんできて、朝から目の下にクマがあったり、額や目尻のシワがくっきり際立って見えるからではないでしょうか。以前は肌のコンディションが良くないと感じても、きちんとケアをして睡眠をとった翌朝には復活していたものです。

でもこの年齢になるとなかなか回復せず、回復するスピードより劣化するほうが早くなるのではないかと思うことも多くなりました。

自分は36歳でいまギリギリですが、ちょっと不安です。洗顔後、鏡を見たときにコンディションが良くない日が続いたときには、毎日の食習慣を改善してみるのも有効です。食べ物が変わると腸内の菌バランスも良くなり、素肌が回復してくるのがわかるはず。皮膚細胞の再生サイクルが良くなるので、シミやシワの改善にも繋がります。

常識的な範囲であればカロリー計算も不要です。

ただ、肌の健康を考えて食べるだけ。特に費用をかけなくてもできるスキンケアのように捉えると、積極的におこなえるのではないでしょうか。3食全ては無理でも、少しずつ肌や体に良いものを取り入れていきましょう。ストレス解消のために甘いものを食べてしまう方はちょっと考えてください。砂糖などの糖質は、くすみの原因になります。糖分は体の中でタンパク質と反応しやすく、老化が加速してしまう糖化産物を生じてしまいます。お肌のコラーゲン(体重のうちの6%くらいをコラーゲンが占めているのだとか)が糖と結合することで、黄ぐすみが目立ってきたり、シミやシワ、たるみの悪化を招いたりする結果が心配されます。雑誌の記事で読んで以来、機会があったらぜひやってみたかった、ファスティングダイエットに挑んでみて、なんと3キロもの減量ができました。きれいになりたいという気もちの強さで、ファスティングのつらい部分も乗り切れたのですが、鏡で自分の顔をよく見てみたら、身体はすっきりしたようですけど、肌、というか顔にしわが増えたかも知れません。ファスティングダイエットとしわの増加が関連があるかどうか確信できませんが、タイミングとしては何とも言えませんから、取りあえず、肌のケアをつづけつつ、自分で調べたりしてみようかなと考えています。ここ二年くらい、アンチエイジングについて考えることが増えてきました。笑いシワならいいじゃないと言われますが、笑ったときの目尻と口元のシワが多少はあったけれど、こんなになかったはず!と思いました。

スキンケアが足りないりゆうではないのです。以前から時間をかけています。それに目元・口元は年齢が出やすいといわれるので、専用アイテムを色々試してみて、効く保湿を怠らなかったのですが、アンチエイジングをまじめに考えようかと思っています。年齢を重ねたお肌は色素沈着によるシミがあるものです。

そうは言っても、なんとかして綺麗にしたいそう思うのが女心というものです。肌のシミをどうにかして消そうと私が行ったのは、真っ先にビタミンC誘導体を試し、次いで、ハイドロキノンを使用しましたが、満足できる結果が得られず、今のところレチノールを主に使用しているのです。シミと戦おうと思うと最後は、レーザー治療(虫歯の治療、腫瘍やホクロなどの除去など、幅広い用途で使われています)が最適なのでしょう。

いつの間にか増えていく肌のシワですが、シワのできる原因というのは色々あるものの、最大の原因と言えるのは「乾燥」です。水分不足で、肌が乾燥してしまうことで、シワが発生して、増加することになります。シワが目たつ部分である目尻、この部分は皮脂の分泌が少なくなっていて他の部分よりずっと、乾燥に弱いとされていて、どこよりも早く、小ジワが出てくることになります。さらに、加齢によって皮膚の張りを保つコラーゲン(体重のうちの6%くらいをコラーゲンが占めているのだとか)、ヒアルロン酸といった皮膚の構成成分が減って行く事になり、シワやたるみは年齢を重ねるにつれ増えていく一方になります。肌が赤くなりますと、シミが出来ることがあるでしょう。具体例としましては、よく聞くのに日焼けがあります。ぴりぴりして嫌なときだけではなく、何も感じなくても本当は軽い炎症が生じているのです。もしかすると、基本となるスキンケアは、紫外線が鍵なのかも知れません。エステによっては、シミとかソバカスを改善したり、消すフェイシャルコースが見られます。ファンデーションやコンシーラーで隠そうとしてもきれいに隠すことは難しく、隠すためについがんばりすぎて結果として結構の厚塗りになってしまったということになりかねません。フェイシャルコースを受けると、シミの悩みが改善されて、すっぴんでも自信を持てるように変わっていけるでしょう。肌が薄いとされる人の場合、シワがつくられやすいようになっているということは、意外に知られていないかも知れません。

もしかしたら自分がそうかも知れない、と心当たりのある場合は肌を見て、チェックしてみましょう。

そうして、身体のあちこちで肌に血管が透けて、青い筋が見えているようだと、だいぶ薄い方かも知れません。

皮膚が薄いことと、シワのできやすさがどう関係するかというと皮膚に厚みがあると、そこに水分を充分溜めておけますが、そうでないと乾燥するのが早いので、肌の若々しいハリが消え、肌はしぼんでシワがよくわかるようになります。

そして年々、肌は薄くなっていくそうなので、肌の状態には気を付けた方が良いでしょう。